読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代おっさんコンプレックス改善委員会

30代おっさんの様々なコンプレックスの改善を目指していくブログです

続・中年太りを解消して細マッチョになる方法(運動療法編その2−1腹筋編)

f:id:complexmatome:20160702064907j:plain


これまでの解説に関しては、下記のリンクを参照ください。

 

 

complexmatome.hatenablog.com

 

 

complexmatome.hatenablog.com

 



今回はダイエットで体重は落とせたけど、その後、よりスタイルをよく見せるために体を鍛えるため、管理人が実践している「筋トレ」に関する解説を行っていきます。


本題に入る前に運動療法1で紹介したカロリーを消費する運動において、補足です。

より効率化するため、暖房をつけて、サウナスーツを着て運動しているとお伝えしましたが、もう一つあって、お小遣いに余裕のあるときは、


[トクホ]ヘルシアウォーター グレープフルーツ 500ml×24本


↑のようなドリンクを運動前に飲んでから運動するようにしています。
お茶のタイプや炭酸になっているものといろいろ種類はありますが、いわゆる飲むことで脂肪消費をしやすくなるとの効果をうたっている飲み物になります。


正直、飲んだ時と飲まない時の違いがいまいちわかりにくいですが、実際に飲んでみてから運動すると、気持ち飲まない時よりも発汗量が多くなるような気がしますが、劇的に多くなるともいいがたいです。


飲まないよりも飲んでから運動したほうがいいのかもしれませんが、そこまで大きく変わるわけでもなく、1本200円近くするので、あまりコスパがいいとは思えません。


あくまで微々たる補助的なことだと思ってください。



ちなみにもし飲むのであれば、お茶タイプ、炭酸タイプ、スポーツドリンクタイプに味がわかれますが、↑のヘルシアウオーターのグレープフルーツ味が一番飲みやすあったです。


それでは本題からずれましたが、続きから筋トレに関する記事を書いていきます・・・
 

 それでは筋トレに関する解説です。



大前提としては運動療法その1で書いているように、「自宅内でできる運動に限定する」、「継続して取り組む」ということは変わりません。あとは、より継続性をもてるように運動中はなにかしらの方法で気を紛らわせるということも大切です。



ちなみにこれから書いていくことは管理人の主観や体験に基づくもので、専門のトレーナーから指導をうけたわけでもなく、医学的な根拠もないので、予めご承知おきいただきたいと思います。



で、筋トレといってもどの筋肉を鍛えたらいいのかということですが、とりあえず、スタイルをよく見せるためという目的から、「腹筋」、「胸筋」、「上腕」、「背筋」、「握力」をそれなりに鍛えられれば、それなりにいい体に見られるのではないかと思いました。



実際、私なりに考えて、上記の筋肉を中心に鍛えています。



ちなみに「下半身鍛えろよ!!」と思われる方もおられるかと思いますが、下半身については、前記事のエアロバイクをおこなうことで、ある程度、鍛えられているのではないかと思うので、下半身にはあまり力は入れていません。


それでは一つ一つ鍛え方の解説をしていきますが、


まずは腹筋です。
おそらくスタイルをよく見せるのに一番ポイントになる筋肉だと思います。


管理人は常々、割れた腹筋を作りたいと思っていましたが、これがとても難しく、ほぼ半年近く毎日トレーニングを行って、薄っすら割れ目が見えるようになってきたかな〜くらいです。


まぁ腹がでなくなっただけでもよしとしていますが、引き続き、割れた腹筋を作ることを目指していきたいと思っています。



で、どういう方法で腹筋を鍛えているかというと、


そう。通販とかデパートとかで目にしたことある方は多いと思いますが、ワンダーコアです。
ちなみに管理人は↑のようなスマートタイプを使用しています。


というのも室内でやると部屋の空間がかぎられていますし、スマートでないタイプだと場所をとってしまい、エアロバイクに並んで、部屋のスペースをとってしまい、持ち運びも簡単ではないので、スマートタイプのほうがいいと思います。

スマートでないタイプが↓になります。これは使ったことがないので、スマートとの違いがよくわかりませんが・・・


これでやることは単純で、腹筋運動を繰り返し行うことです。
買った時に付属のDVDが付いていて腹筋以外の運動も紹介されていますが、管理人は腹筋運動のみしか行っていません。


おそらくワンダーコアを使わない通常の腹筋運動のほうが効果的かもしれませんが、通常の腹筋運動では筋肉への負荷が強く、おそらくこれから始める人には30回程度でいっぱいいっぱいになると思われます。


ワンダーコアは通常の腹筋運動よりも腹筋への負荷が少ない分、機会が運動を補助してくれるので、それなりに回数をこなせるので、腹筋にあまり自信ない方でも、最初から50〜100回程度はできるのではないでしょうか?


どの程度運動するかというと管理人は現在、連続200回を3セットで計600回は最低でも行っています。


休みの日など時間があるときは3セット×2〜3回ほどやったりします。


ちなみにこの腹筋活動をしているときの気を紛らわせることも忘れないようにしましょう。
他の運動に比べて回数が多いのでそれなりの時間がかかってしまいます。


エアロバイクみたいに手はフリーにできなくもないですが、腹筋運動の際に腕も動いてしまうのでゲームはやりにくいです。


なので、TVやネットで動画をみることがお勧めです。
短い動画でもそんなに何十分も1セットで時間がとられるわけではないので、1セットごとに動画を切り替えられますからね。


回数に関しては、最初は無理のないようにしましょう。最初は50回×2〜3セットでも十分だと思いますし、セットごとに150→100→50と回数を落としていくやりかたでもいいと思います。


徐々に筋肉が付いてなれてくるので、そうしたら回数を少しずつ上げていきましょう。


もちろんワンダーコアみたいな器具を使わなくても腹筋運動を十分に行えるとのことでしたらそのほうが同じ回数を行った時に効果が器具を使わないときよりもよいとおもいます。


ただ、今までにあまり腹筋を鍛えたことがない方であればこのワンダーコアの使用がその後の継続性も含めておすすめです。



・・・と腹筋の鍛え方はこんな感じです。管理人も腹筋がそれなりについてきたと思いますので、そろそろ器具を使わない腹筋運動に切り替えようかと思っています。


ちなみによくわからないのが、


↑のようなとりあえず、腹につけて電源をいれていれば自動的に腹筋が鍛えられるという器具です。通販番組とかでよく紹介していて、興味もわきますが、予算的な問題とあまりそんなおいしい話を信用できず、使用していません。



とりあえず、腹筋の話だけで長くなってきましたので、今回はここまでとさせていただきます。

次回は「胸筋」の筋トレ方法について管理人が実践していることを解説します。

記事を最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。